Tap to close

それぞれの役割について

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

それぞれの役割について

こんにちは、代表の小波津です。

このところのDVDの反響で小波津式への関心が高まり、嬉しい限りです。そこで、最近の小波津式神経筋無痛了解研究会、オンラインサロン、クラブハウスでのそれそれの役割についてご説明できればと思います。

 

『小波津式神経筋無痛療法研究会』

小波津式の一番の母体ともいえますが、文字通り小波津式を極めていくためにあります。主に、小波津式をセミナーとして対面で受けていただき習得していただく一緒に勉強していくという位置づけです。どちらかというと治療家の方に向けたご案内になります。

接し方としては、一方的に研究会から案内を出し、それに対して連絡をいただいた方との1:1のやり取りという形です。

 

『オンラインサロン~小波津スポーツメディカルラボ~』

〇治療家の方に向けては、研究会で開催するセミナー内ではお伝えしきれない基礎の基礎だったり、小波津式を勉強する上でこういう情報は知っておいたほうが治療家として役に立つという情報を様々な先生をお招きして発信していきます。

※手技としてはDVDに収録しているレベルしか案内できませんので、さらに小波津式神経筋無痛療法の手技のレベルを上げて勉強したい場合は研究会のセミナーに参加して下さい。

〇一般の方に向けては、治療家になるわけではなくても役に立つような身体に関する情報を発信していますので、身体のことに特化したカルチャースクールのような感覚で参加いただけたらと思っています。また、身体の悩みを相談してもらえる場にもなっています。

サロンの利点としては、様々な立場の方がコメントしたりする様子をすべての方が確認でき、私に対してだけではなくサロン内の方々が自由にサロン内で交流できる状況にあります。

コロナ禍では難しいので今はZOOMでの講義だけになりますが、コロナが落ち着けばオフ会のようなことも出来たらいいなあと考えています。

 

『クラブハウス』

(招待制の音声SNSアプリで、現在はiOSのみの対応でandroidには対応しておらず、クラブハウスに登録した上で既にユーザーになっている方からの招待が必要になります。ユーザーが招待できる人数も限られているので、招待枠を持ったユーザーが知り合いにいなければ参加は難しくなります。)

これまで小波津式を知らなかった方に諦めているような症状でも改善の可能性があるという、小波津式を知ってもらうきっかけになればとの思いで参加しています。

さらに、これまでは限られた業種の方としか交流してこれなかったのですが、クラブハウスに参加するようになり異業種のこれまで出会うことがなかったような方々とのご縁が広がっています。

クラブハウスでできたご縁をオンラインサロン内でご紹介したり、ご縁によって生まれたアイデアを小波津式に取り入れさらにスキルアップし研究会のセミナーで皆様に提供できたらと考えています。

LINEでお問い合わせ